Resfeber

旅の記録をメインに色んなことを綴るブログ

噂のアップルパイを食べ、夜行列車でデリーへ向かう バラナシ4日目

 

前回の記事

www.minresfeber.com

 

 

 

お散歩

バナナ

 

f:id:minresfeber:20181008171413j:image

 

グロサリーストア? お菓子とかタバコ、クスリなど売ってます。


f:id:minresfeber:20181008171437j:image


f:id:minresfeber:20181008171426j:image

 

チャイ


f:id:minresfeber:20181008171440j:image


f:id:minresfeber:20181008171410j:image


f:id:minresfeber:20181008171450j:image

 

バラナシでアップルパイ!?

ネットで調べてたら、美味しいアップルパイのお店があることを知り、行ってみることに。

 

お店の名前は「Pizzeria Vaatika Cafe」

どうやらビザ屋さんのようです。

 

さすがにインドに来てピザはいいやって思ったので、スルーして噂のアップルパイを注文。

 

アイスクリーム付きで120ルピー


f:id:minresfeber:20181008171359j:image

 

う、うまいっ!!

 

バラナシでこんなに美味しいアップルパイと出会えるとは思いませんでした。

ただ、パイと言うよりかは、クッキー生地のケーキ アップルパイクッキーケーキ

 

国内あらゆるところから聖地ガンジス川まで時間をかけてやってきて、沐浴することにこの上ない喜びを感じている人がいる一方で、それを横目に見ながらアップルパイを優雅(と言っても暑い)に食べる自分ってなんなんだろう...と少し考えたりもしなくもなかったです。

 

景色はなかなかの良さ


f:id:minresfeber:20181008171403j:image

 

バラナシに行ったら是非ご賞味を。

 

 

お散歩再開

f:id:minresfeber:20181008171447j:image


f:id:minresfeber:20181008171417j:image

 

猿使い


f:id:minresfeber:20181008171351j:image


f:id:minresfeber:20181008171354j:image

 

バラナシを去るので、シルク店の彼らのところに来ました。

またもやチャイをご馳走してくれ、本当に親切な人たち。


f:id:minresfeber:20181008171421j:image

 

夜行列車でデリーへ

ゴードーリヤ交差点付近でオートリキシャーを拾ってManduadih駅へ。

 

風を浴びながら、バラナシを離れることにどこか寂しさを感じていました。

 

街は牛糞とゴミで本当に臭いがキツく、どこを歩いても物乞い、牛、犬などがいて混沌としていた。

最初はあまりのカオスさに衝撃を覚えたが、それにも次第に慣れていた。

そういう環境の中でも普通に飯は美味しく食べていたし、ずっと気をつけていた牛糞だって1回踏んだ(あまりの臭さにしばらくサンダルの臭いは取れなかったが...)。

街の熱気は確かに自分の体に染み付いていた。

 

 

駅に着くと、電光掲示板にはしっかりと「SHIV GANGA EXPRESS」の文字が。

この時17:30くらい。早めに着きすぎました。

しかしギリギリで焦るよりは全然良い。暇を潰すことに苦はあまり感じない方なので。


f:id:minresfeber:20181008171444j:image

 

プラットフォーム


f:id:minresfeber:20181008171435j:image


f:id:minresfeber:20181008171453j:image

 

ただ1つの難点は寝ることが出来ないということ。

大きなリュックは一応座っているベンチに鍵で引っ掛け、足元に置いているけれど、こんなところで安易に眠ったら何があるか分かりません。

 

しかしそれはもとより、外なので蚊が最大の敵だったかもしれません。

 

 

出発の20分くらい前に列車が入ってきました。


f:id:minresfeber:20181008171407j:image

 

クラスは3AC(エアコンありの三段ベッド)だった気がします。

その二段目のベッドが自分のシート。


f:id:minresfeber:20181008171455j:image

 

向かい側のシートにはインド人の家族。

5人で3つのベッドを使っていました。


f:id:minresfeber:20181008171424j:image