Resfeber

旅の記録をメインに色んなことを綴るブログ

遂にインドへ

 

31st Oct. 17

 

16年夏に東欧から帰ってきてから、アルバイトをスターバックスに変え、これまでみたいにシフトの融通が利かなくなってしまい、長期間休みをもらって旅に出ることができなくなっていました。

 

旅のパッションが溜まり、うずうずとしていた頃、ずっと行きたかったインドへ1週間行くことに。

 

 

 

出国 

出発当日、今までの空港にいる時の気持ちと全く違う。

 

知らない世界に飛び込んでいく期待感や楽しみよりも、圧倒的に不安が大きい。

40度近くの暑さ、衛生的な問題、そして、とことん騙してくる現地人。

東南アジアなんかよりも断然旅のハードルが高い。

 

先人達のブログを参考にすると、多くの人たちが様々な面で被害を受けていました。

調べれば調べるほど、病気、盗難、騙しなどトラブルが出てきて、不安は募るばかり...

 

中国東方航空を利用しました。

 

f:id:minresfeber:20181004060333j:image

 

機内食は悪くないです。


f:id:minresfeber:20181004060205j:image

 

上海・浦東国際空港で乗り換え

長蛇の列を成す入国する人たちを横目に、


f:id:minresfeber:20181004060211j:image

 

自分はトランジットなので空いてる方へ。


f:id:minresfeber:20181004060208j:image

 

目を惹くデザインの浦東国際空港


f:id:minresfeber:20181004060159j:image

 

14:25発 徳里行き


f:id:minresfeber:20181004063209j:image


f:id:minresfeber:20181004060220j:image

 

アイスシングルベンティー抹茶ティーラテ


f:id:minresfeber:20181004060323j:image

 

ぞくぞくと搭乗ゲート付近に集まるインド人を見て「いよいよかあ」と、緊張感が高まります。


f:id:minresfeber:20181004060329j:image

 

インド入国

19:30 インディラ・ガンディー国際空港到着。


f:id:minresfeber:20181004060336j:image

 

ついに来てしまいました、もう後戻りはできません。

 

ツーリストは夜に着いたら、基本的にそのまま空港から市内へ絶対向かってはいけません。

タクシーに乗ってしまったらそれはもう終わりです。

騙されて変な旅行会社に連れて行かれ、無理矢理ツアーを組まされるかもしれません。

しかもそれが高額でなんと10万とかを請求されるみたい。

1人じゃなくて、2人で乗っても騙されるみたいだから本当に巧みな手口なんだと思います。

 

空港と市内はエアポートメトロで結ばれていて、23時くらいまで動いていますが、それに乗って市内へ出てしまったら、駅から宿へ向かう暗闇の道中、生きて辿り着けるかさえ微妙なとこ。

 

と、だいぶ大袈裟にビビってました...

 

なので私は直接デリー市内へ出るのを避け、空路でバラナシへ飛んでしまおうと考えたのです。

なぜなら空港にいるのが1番安全だから。

 

インドの空港はパスポートとEチケットを持っている人以外は入れません。

入口に警備員がいて必ずチェックされます。

 

 

ただ、インディラ・ガンディー国際空港は国際線と国内線でターミナルが異なるため、まずは移動しなければなりません。

安全なはずの空港ですが、外にいる人たちが皆敵に見え、外に出るのに少々勇気が入りました。

 

意を決して出てみると、生暖かい風を感じ、インドの地に足を踏み入れたことに感動を覚えました。

 

10番のところにシャトルバスが来るので待ちます。

 

f:id:minresfeber:20181004060326j:image


f:id:minresfeber:20181004060213j:image

 

10分ほどで来ました。


f:id:minresfeber:20181004060339j:image


f:id:minresfeber:20181004060217j:image

 

シャトルバスを降りる時、このインド人の家族に「一緒に写真撮ってください」って言われ、ちょっと仲良くなりました。日本人が珍しいから写真をお願いされることがあるとは聞いていたものの、まさか本当にそのシーンに遭遇するとはw


f:id:minresfeber:20181004060202j:image