Resfeber

旅の記録をメインに色んなことを綴るブログ

ドイツ・ベルリンで歴史探訪の1日

 

12/08/16

飛行機でザグレブからドイツ・ベルリンへ飛びます。

 

前回の記事

www.minresfeber.com

 

 

 

ザグレブからベルリンへ

6時過ぎに起きて、バスターミナルへ向かうと、7時発のバスがすでに待機していました。

 

f:id:minresfeber:20180926104728j:image

 

30分くらいで空港に着き、チェックイン、保安検査、出国をあっという間に終え、7時45分。


f:id:minresfeber:20180926104151j:image

 

ザグレブ空港とても小さくて何もすることなし。

 

8:35にテイクオフして、10時頃ベルリン・テーゲル国際空港到着。

乗ったエアラインはヨーロッパのLCCeurowings


f:id:minresfeber:20180926105331j:image

 

EU圏外の人用のパスポートコントロールに係員が1人しかいなくて入国までに結構時間がかかりました。

 

バスの切符を買う行列に並びます。


f:id:minresfeber:20180926104732j:image

 

乗り場H


f:id:minresfeber:20180926104154j:image

 

トラムやバス、地下鉄などはチケットが共通

お得な4回券を購入しました。


f:id:minresfeber:20180926104735j:image

 

BVGのマークがドルトムントっぽいw

 

20分ほどでベルリン中央駅に到着。


f:id:minresfeber:20180926104726j:image

 

歩いて宿へと向かいます。


f:id:minresfeber:20180927035910j:image

 

到着。荷物を預けて街へ繰り出します。


f:id:minresfeber:20180926183305j:image

 

www.booking.com

(名前が変わってる上、内装も綺麗になってる)

 

 

朝から何も食べてないので、サブウェイに入りました。


f:id:minresfeber:20180926183315j:image


f:id:minresfeber:20180926183320j:image

 

地下鉄は地上から階段を降りると、びっくりするくらいすぐにプラットフォームがありました。


f:id:minresfeber:20180927035915j:image


f:id:minresfeber:20180926183310j:image

 

ブランデンブルク門

f:id:minresfeber:20180926190441j:image


f:id:minresfeber:20180926190453j:image

 

反対側から


f:id:minresfeber:20180926190437j:image

 

国会議事堂


f:id:minresfeber:20180926190445j:image

 

シャボン玉で遊ぶ人たち


f:id:minresfeber:20180926190432j:image


f:id:minresfeber:20180926190449j:image

 

虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のためホロコースト記念碑

f:id:minresfeber:20180926191324j:image

 

低いのから


f:id:minresfeber:20180926191308j:image

 

背丈と同じくらいの高さ、


f:id:minresfeber:20180926191305j:image

 

それ以上のものまで

 

f:id:minresfeber:20180926201842j:image

 

これら大小さまざまな石碑が何を意味しているか、はっきりと明示はされていないみたい。ここで何を感じ、何を想うかは、訪れた人々自身に委ねられるのだろう。

大量に虐殺されたユダヤ人、ナチスドイツからすれば迫害の対象としての1集団にすぎなかったのかもしれないが、彼らももちろん、性別や年齢、身長などはそれぞれ異なり、自分にしかない個性を持っている。そういう点をこの石碑で表してるのではないかと個人的に考えた。

 

皆、記念撮影


f:id:minresfeber:20180926191300j:image

 

登ってる人もチラホラいます。


f:id:minresfeber:20180926191257j:image

 

テロのトポグラフィー


f:id:minresfeber:20180926191333j:image

 

今に残る数少ない壁


f:id:minresfeber:20180926191354j:image

 

当時ここにナチスドイツの本部が置かれていたようです。


f:id:minresfeber:20180926191328j:image

 

壁の跡


f:id:minresfeber:20180926191252j:image

 

チェックポイント・チャーリー


f:id:minresfeber:20180926191319j:image

 

東西の街を行き来できた国境検問所


f:id:minresfeber:20180926191350j:image

 

U6 コッホシュトラーセ駅


f:id:minresfeber:20180926191314j:image

 

ドイツでアイスコーヒーを頼むと、ホイップクリームの乗った甘いのが出てくるから気をつけてください。

衝撃的だった。


f:id:minresfeber:20180927035913j:image

 

イーストサイド・ギャラリー

様々なペイントが施された「ベルリンの壁

 

f:id:minresfeber:20180927033602j:image


f:id:minresfeber:20180927033608j:image

 

旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー書記長のキス画


f:id:minresfeber:20180927033605j:image

 

やはり、ここが1番有名なようで、人だかりができていました。


f:id:minresfeber:20180927033550j:image


f:id:minresfeber:20180927033613j:image

 

平和の象徴 鳩


f:id:minresfeber:20180927033611j:image

 

日本にまつわるものも


f:id:minresfeber:20180927033556j:image

 

壁はずーっと奥まで続いています。


f:id:minresfeber:20180927033558j:image

 

意外と薄い。ただ当時の人々にとってはとてつもなく大きな存在であったに違いない。

東ベルリン: 西ベルリン


f:id:minresfeber:20180927033553j:image

 

壁の反対側はアートというよりラクガキ

 

f:id:minresfeber:20180927035327j:image

 

 

ハンバーガー屋 Burgermeister

 


f:id:minresfeber:20180927035332j:image

 

ベルリンで人気なお店らしく結構混んでました。


f:id:minresfeber:20180927035329j:image

 

マイスターバーガー4.9€  激ウマ


f:id:minresfeber:20180927035335j:image

 

今回の部屋はこんな感じの2段ベッド6つの大部屋


f:id:minresfeber:20180927035324j:image